【与那国島旅ログ】バスと徒歩での島巡り(2)

アヤミハビル館

身体と心と潜在意識をつなげるセラピスト ひとみです。

 

【与那国島旅ログ】チャリンコで島巡り(1)
の時には船で仲良くなったゆかちゃんと島巡りをしました。

 

今回はあと1人で回ったところをザーッとご紹介しますね。

 

動物

道中であった動物たち、普通にヤギが繋がれていたりします。

猫ちゃん、耳の根元が怪我したのか?喧嘩してやられたのか?痛々しい。

 

 

崎元酒造

与那国島にある酒造所の1つ。
与那国島には酒造所が3つもあるんだけど、ほぼ島の人たちでお酒は消費しているそう。

ってことはどんだけ飲むんだぁ・・・すごー。

 

右の写真は酒造所の途中にあった不思議な植物。
これなんだか知ってる人教えてくださーい(笑)

 

旅館

旅館には人以外にヤモリも(笑)
あと右写真 「カニ」え???って思ったよ。
どっから来たんだ???しかも割とでかい。

 

 

夜の港

夜の港。
最西端の碑はここから近い。

最西端

こーんな素敵な夕日が見える。
私が島に来る前日まではずーっと曇りで夕日が見えなかったらしい。←晴れ女だといいたい(笑)

 

 

アヤミハビル館

左の写真、これ実際に生きているヨナグニサン。
驚かすと飛んでいっちゃいますって(笑)
ヨナグニサンは昼間はじーっとしてて動かないんですって。

こんなの実際に飛んできたら結構ビビるかも・・・

 

アヤミハビル館

モスラのモデルになったと言われている「ヨナグニサン」
アヤミハビルって言うんだって、模様の入った蝶という意味だそうです。

ここに行くのにバスで近くのバス停までいって、そこから4キロくらい。
4キロかーいつもウォーキングしている距離だから余裕だなって思ってたら・・・

甘かった(^◇^;)坂が多いのでかなりきつかったヨォ。
到着した時には息あがってましたね、閉館間際だったから急いでたしね。

なんとかギリギリ間に合ったんだけどね。よかったよかった♫

 

風水

与那国島は台湾に近いこともあり、風水も施されている。
左の写真の石ね、T字路に当たる家とか建物があるところに見られます。
殺気を避ける化殺がしてあるのかなーって思いました。

 

右の写真の看板は、歩いてたからこそだと思う(笑)
いやいやいや・・・20メートル後方を左折ってね(笑)笑っちゃうでしょ。
バックするんかーいってね。

 

ティンダバナ

ティンダバナからの展望。
ティンダバナ途中から頂上に行ける道があったんだって、ここかなーって思えるような道があったんだけど、案内もないし登って降りれなくなってもねーって思って行かなかったんだよね。

360度のパノラマが観れるっていうことだから、今度行ったら頂上まで行こうと思う。

 

道端の石碑

ティンダバナは悲しいお話があった場所でもあるみたいですね。

 

 

 

道端の石碑

人頭税なんてあったんだーって歴史的な背景がわかったりして面白いなーって思いました。
人の頭数だけ税金を取られている時代があったんだね。
今こんなのあったら、子供産むのも躊躇するよね。

今当たり前にあるようなものでも、先人の活動があったからこそなんだなーって過去のエネルギーも感じてみたりして。

 

与那国島

与那国空港はなんもなかったな(笑)
お土産は空港より、比川にある共同売店の方がいいかも。
長命草入りのちんすこうは、与那国島にしか売ってないから与那国にいる間に購入をお勧めします。

お土産ってきっとどこにもあるだろうって思って、石垣でお土産買う時間取ってたんだけど、長命草入りのちんすこうは売ってなかった。

長命草は与那国島の特産で「一株食べれば1日長生きする」って言われている薬草。

 

Dr.コトー

自然たっぷりの島でした。
バスとか、良く言う島時間で時間通りに来ないのかなー??って思ってたら意外に正確。
バス使って観光してる人いなかったからめちゃくちゃ空いてて私的には良かったな。

運転手のおじさんとも仲良くなれたし♫

ということで、次回で与那国島旅ログは最後です。

 

 

 

 

関連記事

  1. ナンタ浜

    【与那国島旅ログ】最終話 奇跡の連続

  2. 与那国島

    【与那国島旅ログ】お宿のごはん

  3. 与那国空港

    【与那国島旅ログ】なんのために?

  4. 占いコンサル

    占いコンサル始めます

  5. 怖いはゴー

    宇宙元旦3月20日に再度リニューアルをします。

  6. 【与那国島旅ログ】チャリンコで島巡り(1)

  7. 鑑定

    息子の鑑定例でご紹介

  8. 感謝

    「出せば入ってくる」の勘違い。引き寄せの法則の落とし穴

  9. Dr.コトー

    【与那国島旅ログ】2人だと楽しみは倍以上♬

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。