【アトピー】心の傷を癒す

心の傷

美・健幸・若さを創る!
身体と心と潜在意識をつなげるセラピスト ひとみです。

 

自分自身の心の傷を癒すには、自分を自分自身で大切にすること。
文字で書くとたったこれだけのことだけど、頭で理解して→「わかる」になって→体感する実践できるまでには少々時間がかかる。
ここだけは一足飛びにいくことができないからっていうことらしい。

らしい・・・というのは、私もまだまだ実践中だからである

 

 

Hitomi
Hitomi
なんで心を癒すことが、アトピーと繋がるのか?

自分を大切に扱っていない、自分の人生を生きていないというところにつながっています。

自分を大切にしていないなんて!認めたくない気持ちもわかります。

以前の私は認められなくて、なんで自分の生き方が悪いなんて・・・意味がわからんって思ってましたから(笑)

 

 

 

この自分を大切にするっていうことが、後々引き寄せの法則ともつながっていきます。

 

 

心の傷って書いたけど、心の傷っていうのは先祖から引き継がれたものがあったり、一番は両親からの影響を受けているということ。
それを癒すには「気づいていくこと」ってことに気づいたんだよね(笑)

 

心の傷は、両親、学校、身近な人、権威ある人の言葉によって制限された思考、生きグセによって染み付いたもの。

クセってさ、無意識だからそれが「クセ」なんだって意識下に上がってこないと直しようがないよね。

そのクセのせいで、本来の自分自身がわからなくなっちゃってる感じかな。
その思い込みやクセを外していくことでどんどん生きやすくなる。

今までの常識(刷り込まれた思考)をまずは疑ってみることから始めてみたり、自分が今までタブー視してきたことをあえてやってみるとか。

もちろん犯罪はダメよ!

遅刻は絶対にダメって思ってたなら、あえて遅刻してみるとかね。
今までと違う行動をしてみることで、見え方が変わって今まで自分が信じてきていた何かがもしかしたら違ってるかもしれないよ!

脳

 

自分じゃない外側に原因があるって思っている間は変わることができない。
例えば・・・○○のせい、お金が、親が、社会が、会社が・・・って自分じゃない他のことに原因があるって思ってるうちは自分自身の人生を歩けていないかもしれない。

 

 

自分が全ての源という概念に出会ったのは、2012年ごろ。
「7つの習慣」という有名な本がありますが、その翻訳していたジェームス・スキナー氏との出会いが私の思考を大きく変えました。

「全て目の前に起こっている現象は自分自身が源で起こったこと。」と認識できた時がスタートだと私は思っています。

自分をよりよく知って自分をどう変えていけばもっと楽しく、もっと自由に、もっと豊かにしていこうってプラスに物事が自然に考えられるようになる。

心の傷を癒すきっかけを創ってあげることはできるけれど、最終的に人に癒してもらうことはできないってこと。
「自分の身体や心は自分自身でしか癒せないということ。」というのを認めることから始まる。

潜在意識

2012年頃から風の時代への準備が始まってたんだなーって今だからこそ感じることがあります。

 

Hitomi
Hitomi
自分自身を大切に扱うこと。自分自身がどうしたいのか?を常に自問自答していると、ふとした時にそれらを解決することだったり、人だったりとご縁して解放に向かっていきます。

 

細かいことは色々ありますが、書くとすんごい量になると思うので、音声か動画でお話できたらいいかなって思っています。

悩みに関連したことで参考になるお話ができるかもしれませんので、質問などあればお気軽にお問い合わせください。

ブログ内でお答えさせていただくことができるかもしれません。

 

アトピーシリーズ

【アトピー】病気が教えてくれたもの

【アトピー】はじめに出会ったのはアロマセラピー

【アトピー】身体と心を同時にケアできるすぐれもの

【アトピー】玄米菜食にしてみたところ・・・

【アトピー】砂糖と小麦

関連記事

  1. アトピー

    【アトピー】病気が教えてくれたもの

  2. 生理痛

    【身体&アロマ】生理痛にもいい結果が♪

  3. 遺伝子検査

    2022年遺伝子検査を導入いたします

  4. 主婦は家庭の要。

  5. めちゃいいもの見つけた

  6. 潜在意識

    心と身体からするコロナ対策

  7. 最初はちょっと突っ張るよ。

  8. アトピー

    治癒は免疫能力と修復能力

  9. 身体と心

    【アトピー】身体と心を同時にケアできるすぐれもの

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。